闇金業者の金主の多くはヤクザや暴力団

更新日:

闇金を経営していくためには不特定多数の人に対してお金を貸し付けることになるので、ある程度の資金力が必要になってきます。
しかしここ最近においてはどこにでもいそうな素人っぽい人がヤミ金を経営している場合も少なくありませんが、このような人たちはどのようにして経営するための資金を用意しているのでしょうか?

闇金のバックに金主や暴力団の存在があります

ごく一般にいそうな感じの人がヤミ金融を運営する場合、資金調達は自己資金や借入をしているというわけではありません。
闇金融には必ずバックとなる金主や暴力団の存在があり、それらの者から資金提供を受けて営業をしています
またヤミ金業者は一般の人から違法な方法で取立てをしたお金の一部を資金提供してくれた金主などに上納しています。
上からは一定のノルマを課されているので、必然的にヤミ金融業者の取立ては激しさを増すことになります
ヤミ金問題を解決するための一番の方法は上の地位にある金主は暴力団を押さえることですが、姿を公に現すことはないので、存在がわかりにくい状態となっています。
そのため警察に相談しても犯罪を犯しているかどうかを確定することが難しいケースが多く、警察が動けないパターンが多いために簡単に逮捕することはできないということも理解しているので、どんどん行動がエスカレートしていってしまいます。
このような状況からヤミ金問題を解決するためには警察への相談では不十分で、警察から電話を入れてもらっても取り立ては止まりません

闇金に強い弁護士に相談して解決しましょう

ヤミ金被害を解決するには闇金に強い弁護士に相談する事が最も効果的です
現在弁護士の中には積極的にヤミ金に対応してくれるところがあり、法的な権利を代わりに主張してくれるので、しっかりした解決をすることができます。
またヤミ金融の大元となる金主は暴力団も法律を犯していることを公にすると自分に不利になってしまうので、弁護士が間に入ると離れていくことが多いです。
※闇金に強いDuel(デュエル)パートナー法律事務所の無料相談!
 24時間年中無休で電話受付対応しています!
クリックすると電話できます[0120-387-028]

闇金取り立てSOSトップページに戻る

-ヤミ金の実態

Copyright© 闇金取り立てSOS@ヤミ金の取り立て対策・無料相談 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.